読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チルドカップ Diary

おいしくてちょっとおしゃれなのみもの

世界のバリスタ澤田洋史公認Baristaism抹茶ラテ

本日紹介する商品はコチラ。

 

商品名:世界のバリスタ澤田洋史公認Baristaism抹茶ラテ

 

原材料名:生乳(50%未満)、乳製品、砂糖・異性化液糖、砂糖、抹茶、安定剤(増粘多糖類)、pH調整剤、香料

 

内容量:200g

 

栄養成分(1本あたり):エネルギー158kcal/ たんぱく質5.0g/ 脂質5.6g/ 炭水化物22.0g/ ナトリウム92mg/ カルシウム162mg

 

値段:128円(税込)

 

製造者:雪印メグミルク株式会社

 

購入可能場所:コンビニエンスストア、スーパー

 

感想、こだわりなど:バリスタイズムブランドの雪印メグミルクのNB商品です。

 

甘い甘い、抹茶ラテです。ミルクたっぷりと書いてあるように牛乳を強く感じます。抹茶特有の粉っぽさや苦味は感じられないので筆者としては少し物足りなかったです。良くも悪くも万人受けする味だなぁと思います。バリスタの澤田洋史さん公認とありますが、もう少しこだわりが感じられる味にしてもよかったのではないでしょうか(抹茶感強めとか)。氏はシアトルに店舗を構えているようですが、抹茶ラテはあるのでしょうか。海外では抹茶ブームが続いているようですので、あるかもしれないですね。

 

余談ですが、この商品を飲む前に軽く指を切ってしまいました。少し血がでてしまい、ティッシュがなかったのでとりあえず舐めておいたのですが、何年振りの行為かわからなかったのですが懐かさを覚えました。この行為と血の味で子どもの頃の記憶が呼び起こされました。いやぁ懐かしい。

 

何が言いたいかっていうと、抹茶ラテの最初のひとくちは血の味が混ざってしまったということです。

f:id:Chilled-Cup:20161120230703j:plain

f:id:Chilled-Cup:20161120230707j:plain

f:id:Chilled-Cup:20161120230713j:plain

よく振ってからお飲みください!